ステンレスについて
HOME >ステンレスをいつまでも美しくご使用いただくために

ステンレスをいつまでも美しくご使用いただくために

ステンレス流し台をいつまでも美しくご使用いただくために、次のような注意書きをラベルに表示させていただいております。

イメージ
イメージ

 

 

ステンレス鋼の錆について

 鉄にCr(クロム)を12%以上含有させた鋼を「ステンレス鋼」と呼びます。Crは空気中の酸素と結合し て表面に酸化Cr皮膜(不動態皮膜とよぶ)を形成し、この皮膜が鉄を錆から守っています。 ステンレスの表面に外部からの鉄分が接触した状態にしておく と、その鉄分が錆はじめます。  これを「もらいさび」とよびます。この状態を放置しておきますと、不動態皮膜が破壊されやすくなり、ステンレス自体の鉄分が腐食をはじめます。海塩粒子の多い環境下(ハロゲンイオン環境下)や酸性雨などは不動態皮膜の破壊を促進させます。破壊された部分には孔が開き「孔食」と呼ばれる錆となります。腐食とともに、腐食生成物である赤錆が生じます。ステンレス特有の「隙間腐食」も孔食とおなじ原理でハロゲンイオン環境下で発生します。いずれの錆も、表面を清浄に保ったり、乾燥状態にしたり、塩分環境などを避けることにより、防ぐことができます。

HOME

徳山興産 60年の歩み採用情報商品紹介ステンレスをいつまでも美しくご使用いただくためにステンレス周南株式会社

ページのトップ