徳山興産株式会社

news

多様化するニーズに対応しお客様に感動を届ける

昭和26年6月に産声を上げた私たち徳山興産はおかげさまで、令和2年6月に創業70周年を迎えることができました。これもひとえに永年にわたり、私たちの製品あるいはサービスに対する、お客様のご愛顧の賜物であると深く感これもひとえに永年にわたり、私たちの製品あるいはサービスに対する、お客様のご愛顧の賜物であると深く感謝申し上げるとともに、これからも社会に貢献していくことを改めてお誓い申し上げます。
私たちは、さらに多様化するニーズにお応えし、品質の良く、付加価値の高い製品を製造・販売してまいります。
また、鉄・非鉄金属原料につきましても、お客様のニーズに応じた処理を施すことにより、資源リサイクルの一役を担い、より社会に貢献してまいります。より良い製品、より良いサービスの提供により、お客様に感動していただけるよう、私たちはさらに努力してまいります。

代表取締役社長

管田 英男

管田 英男
社員イメージ

世界中の誰かの役に

立つために

私は、「世の中の役に立ちたい」という願いを仕事を通じて叶えたいと思っていました。そのために何ができるか……?答えは「ステンレスを通じて世界中のどこかで誰かの役に立つ」ということでした。ステンレスは非常に魅力的な金属です。さまざまな加工ができ、生活のあらゆるシーンで利用されています。最近ではプラスチックごみが社会問題になっていますが、ステンレスはリサイクル性に富み、環境にも優しいといえます。溶かし、加工し、回収し、また溶かし、加工し……。今この瞬間に工場で加工されているステンレスも、すでに何百もリサイクルされているものです。素晴らしい素材だと思いませんか?当社はそのステンレスを原料化し、加工し、販売するという一連の工程を事業としています。それが私たちの得意分野であり、長年積み上げてきた高い技術こそが強みなのです。

社員を誇りに思う

当社が作り出したステンレス製品や原料としてのステンレスは国内はもちろん、世界中のどこかで間違いなく役に立っています。それを私たちは誇りに思っています。以前こんなことがありました。取引先である大手企業の役員の方が工場見学に来られたときのことです。工場スタッフに「このスマートフォンを世に出せたのはあなた方のおかげです」と声をかけてくださいました。その言葉にスタッフがどれだけ感激したことか!私もとてもうれしく、誰かに自慢したいくらい当社の社員を誇りに感じたのを今でも鮮明に覚えています。

社員を誇りに思う

news

社訓

和を以って尊しとなす

社是

「誠意」、「熱意」、「創意」

社長ビジョン

共に働く仲間に感謝し、互いに称賛し合える会社にする

全従業員の幸福追求のために目指すべき会社の理想像

スローガン

ステンレスのような輝く未来を永遠に

ステンレスはリサイクル性に非常に富んだ素材です。今私達が使っているステンレスも過去に様々な国、地域、人達に使われていたものです。
その時その時使われ、光り続けてきたステンレスに係る事業を私達は営んでいます。今生き光り続けてきたステンレスに係る事業を私達は営んでいます。今生きている人達、これから生まれ育っていく人達にステンレスを、そしてステンレスのように輝く未来を、という思い出スローガンを作りました。

Top